無題の備忘録

よく知らない技術や試したこと記録するブログです。情報セキュリティ、ネットワーク、Linux関係で消化したことを記録します。すぐ詳細を忘れるので、優れた外部記憶装置にしたいです。

Windows 10 をキオスクモードを使って1つのアプリケーションしか実行できないようにしたい

やりたいこと

Windowsのデスクトップアプリケーションを、キオスクモードとして起動させて、ユーザにはそれ以外の操作をできないようにしたい

キオスクモードとは

Windows10をキオスク端末として使う場合のモードのことです。

キオスク端末(kiosk terminal)とは

街頭や店舗内に設置される、銀行ATMのような情報端末のことです。 よくあるのはタッチパネルを使って情報を表示する、博物館・美術館での案内や観光案内ようの端末などです。 キーボードとマウスを使う場合は、図書館などでの蔵書検索ですかね。

Windows 10のキオスクモード

一番簡単な方法としては、アカウントの設定から「割り当てられたアクセス」でアカウントとそれに対して起動するアプリケーションを登録することで、利用できます。

ただし、この方法はWindowsストアアプリしか対応していないようです。使いたいアプリケーションをWindowsストアアプリに登録することで、独自の業務アプリをキオスクモードに設定することはできるようです。 今回、Windowsストアアプリを登録したいので、この方法は使えなさそうです。

Windows10のデスクトップアプリケーションをキオスクモードのように使う方法

  1. Windowsキー+Rで、gpedit.mscを起動する。
  2. ユーザの構成 > 管理用テンプレート > システム > ユーザインタフェースのカスタム設定を開く
  3. 起動したいアプリケーションを、C:\からexeファイルまで指定して、OKにする

これで次にログインしたときに、指定したexeファイルのプログラムがキオスクモードで起動します。